Logo

STEEL MATERIAL INTRODUCTION 鋼材紹介

SUS440C

SUS440CはCr18%-C1.0%のマルテンサイト系ステンレスで、熱処理(焼入・焼もどし)により、高強度、高硬度を得られます。 ステンレス鋼の中では最も高硬度を有する鋼です。 耐食性は一般の焼入鋼よりは優秀ですが、オーステナイト系ステンレス、フェライト系ステンレスおよび析出硬化系ステンレスよりは炭素(C)含有量が高いため劣ります。

この鋼材について問い合わせる

◼用途
ノズル、ベアリング、軸受、ナイフ、ゲージ、ポンプ部品

◼代表成分
ステンレス鋼は炭素鋼のように、熱処理によって硬化するものは少なく、析出硬化系と中~高炭素クロム系ステンレス鋼に限られています。 このSUS440Cのようなマルテンサイト系ステンレス鋼は、ステンレス鋼でありながら炭素含有率を高めているため、炭素鋼同様に焼入焼戻処理により非常に硬化させることができます。 ​その中でもSUS440Cは最も高硬度を有するステンレスです。

SUS440C C Si Mn P S
成分値 0.95~1.20 1.00以下 1.00以下 0.04以下 0.03以下
Ni Cr Mo
0.60以下 16.0~18.0 0.75以下

◼機械的性質
耐摩耗性、耐熱性の用途に向いています。 耐磨耗用途のステンレス鋼として最適の鋼種で、焼戻抵抗が高く耐熱用用途にも使用可能です。 機械的・物理的な方向性が少ないのが特徴です。組織変態による効果のため、圧延で硬化させるオーステナイト系ばね材と比較して機械的・物理的な方向性が少なくなります。また、マルテンサイト系ステンレス鋼のため、厚さや幅の節約が出来ます。 SUS440Cは高硬度を有する為、弾性限と破断強度がほぼ等しくなります。

SUS440C 耐力 N/mm2 伸び % 硬さ (HBW)
機械的性質 245 15 255

◼加工性・特性
硬度順はSUS440C>440B>440A 耐摩耗性および靭性はSUS440A>C440B>440Cの順となります。 焼入れ後の硬度はステンレス中最高硬度となるのが特徴。切削~焼入れ~研削研磨といったプロセスを踏み、摺動部品に使用します。 加工特性としては、切削加工に関してはやや加工しにくい程度ですが、焼入れ後の研削加工となると高度が高いため研削性が悪化します。 適切な砥石選択とドレスタイミングの設定が必要です。

×

商品の累計加工情報

これまでに加工依頼された方は56人・累計消化料15.4t

※在庫量は日々変動しておりますので、
直接ご確認下さいませ。

商品の累計加工情報

これまでに加工依頼された方は56人・累計消化料15.4t

※在庫量は日々変動しておりますので、
直接ご確認下さいませ。