Logo

STEEL MATERIAL INTRODUCTION 鋼材紹介

SUS329J1

SUS329J1とは、二相系のステンレスです。 18-8ステンレスの耐食性を高めるためにCrを25%程度にまで増やし、Niを5%程度に減らすことにより、金属組織をフェライトとオーステナイトがほぼ半々の二相混合としたステンレス鋼です。 高強度でかつ高耐食性が特長で、耐応力腐食割れ性にも優れています。

この鋼材について問い合わせる

◼用途
海水ポンプ、化学プラント、エネルギー関連プラント、土木・建築分野

◼代表成分
基本組成比が25Cr-4.5Ni-2Mo、二相組織(オーステナイト・フェライト)を持つステンレスです。 二相系ステンレス鋼とは、その金属組織がオーステナイト相とフェライト相を約50%の割合で形成されており、オーステナイト系ステンレス鋼の持つ優れた低音靭性とフェライト系ステンレス鋼の持つ優れた耐応力腐食割れ(SCC)性を兼ね備えたステンレス鋼です。また、オーステナイト系ステンレス鋼やフェライト系ステンレス鋼と比較し強度が非常に高いという特徴も有しております。

SUS329J1 C Si Mn P S
成分値 0.08以下 1.00以下 1.50以下 0.040以下 0.030以下
Ni Cr Mo
3.00 ~6.00 23.00 ~28.00 1.00 ~3.00

◼機械的性質
SUS329J1は優れた耐海水性を有し、海水中で使用可能です。 冷間加工によりHv500が得られ、また析出硬化熱処理でさらに硬度アップが可能です。透磁率は80%の冷間加工でもμ≦1.01と低位です。耐熱性はSUS310より良好でSUH660に近い特性を有します。 SUS329J1の規格で定められた引張強度、耐力、硬度などの数値は下表の通りとなります。 ​

SUS329J1 耐力 N/mm2 引張強さ N/mm2 伸び % 硬さ (HBW)
機械的性質 390以上 590以上 18以上 277以下

◼加工性・特性
優れた強度と耐食性、特に塩化物環境下での耐食性、すき間腐食性を有していることから、化学プラントや海水機器等の幅広い用途で使用されています。 またSUS329J4の属する二相系ステンレス鋼は、例えばSUS304のようなオーステナイト系ステンレス鋼よりNi含有量が低く、昨年までのNi価格高騰の 影響を受けにくいため、強度および耐食性が優れる二相系ステンレス鋼の注目度が高まり、需要の拡大が顕著です。二相系ステンレス鋼は高強度、高耐食性を併せ持ち、特に耐孔食性についてはオーステナイト系鋼種よりも大変優れています。これらの優れた特性を活かして、二相系ステンレス鋼は化学プラント配管、海水機器用部品、海水淡水環境で使用されるポンプ、バルブ、遠心分離機、水門等に用いられています。

×

商品の累計加工情報

これまでに加工依頼された方は56人・累計消化料15.4t

※在庫量は日々変動しておりますので、
直接ご確認下さいませ。

商品の累計加工情報

これまでに加工依頼された方は56人・累計消化料15.4t

※在庫量は日々変動しておりますので、
直接ご確認下さいませ。