Logo

STEEL MATERIAL INTRODUCTION 鋼材紹介

SUS303

SUS303は、「JIS G 4303 ステンレス鋼棒」に規定されているオーステナイト系ステンレスです。 SUS304に硫黄(S)を添加し、切削性を向上させた鋼種です。 そのため、精密部品で耐食性が必要な場合によく使用されます。 SUS303の硬度は、固溶化熱処理状態でHB:187以下です。比重は7.93。

この鋼材について問い合わせる

◼用途
精密部品、シャフト、ボルト、ナット など

◼代表成分
SUS303は、クロム(Cr)を17.00~19.00、ニッケル(Ni)を8.00~10.00、硫黄(S)を0.15以上、炭素量(C)を0.15以下を含むオーステナイト系ステンレス鋼です。

SUS303 C Si Mn P S
成分値 0.15以下 1.00以下 2.00以下 0.20以下 0.15以上
Ni Cr Mo
8.00~10.00 17.00~19.00 0.60%以下なら可

◼機械的性質
SUS303の固溶化熱処理状態での機械的性質は、硬度(HB):187以下、耐力:205N/㎟以上、引張強さ:520N/㎟以上、伸び:40%以上、絞り:60%以上です。

SUS303 耐力 N/mm2 引張強さ N/mm2 伸び % 絞り % 硬さ (HB)
機械的性質 205以上 520以上 40以上 50以上 187以下

◼加工性・特性
SUS303は、加工時の溶接性、冷間加工性にも優れています。 特に冷間加工性や溶接性については、ステンレスの中でもトップクラスの部類です。 冷間加工とは、常温でのプレス加工や絞り加工といった金属の基本的な加工となり、この良し悪しは材料の適用分野に大きく影響する要素となります。

×

商品の累計加工情報

これまでに加工依頼された方は56人・累計消化料15.4t

※在庫量は日々変動しておりますので、
直接ご確認下さいませ。

商品の累計加工情報

これまでに加工依頼された方は56人・累計消化料15.4t

※在庫量は日々変動しておりますので、
直接ご確認下さいませ。