Logo

STEEL MATERIAL INTRODUCTION 鋼材紹介

​SUS347

SUS347とは、オーステナイト系ステンレス鋼の代表鋼種であるSUS304に、Nb を添加した安定化鋼で粒界腐食性がありません。

この鋼材について問い合わせる

◼用途
化学、製紙、染料、肥料工業etc

◼代表成分
SUS347はSUS304に、NbをC量に対応(Nb/C≧10)して添加し、鋼中のCrを主成分とする炭化物MCの代わりにNbCを生成させ、熱処理や溶接後の冷却過程で起こるMCの粒界析出による粒界隣接部でのCr欠乏層形成に起因する粒界腐食(intergranular corrosion)を防止するよう合金設計したステンレス鋼です。 400~900℃の腐食条件で使われる部品、高温用溶接構造品によく使われます。

​SUS347 C Si Mn P S
成分値 0.08以下 1.00以下 2.00以下 0.045以下 0.030以下
Ni Cr Nb
9.00 ~13.00 17.00 ~19.00 10×C%以上

◼機械的性質
​加工時に大きな力や衝撃が加わることで加工硬化がおき、これによって特性が変わることがある点には留意すべきです。 加工硬化は強度アップのために意図的に起こすことがある一方、一般に加工がやりにくくなるため、加工目的やメニューによっては倦厭される現象の一つです。 SUS347の規格で定められた引張強度、耐力、硬度などの数値は下表の通りとなります。

​SUS347 耐力 N/mm2 引張強さ N/mm2 伸び % 硬さ (HBW)
機械的性質 205以上 520以上 40以上 187以下

◼加工性・特性
ステンレス鋼は、表面に緻密に形成されたCr(クロム)の極薄い酸化皮膜(不動態皮膜)によって錆が内部に進行することを防いでいるため、優れた耐食性を持っています。 その不動態皮膜の厚さは1~3nm(ナノメートル)程度と極めて薄く、また、不動態皮膜は自己修復機能があるため、通常の環境であれば皮膜が破れても鋼中のCrを使って再生することが出来ます。 不動態皮膜が形成されるためにはCrは11%以上の含有が必要とされています。 しかしながら、不動態皮膜を持っていても、使用環境(海水、塩水など)によってはその一部が破壊され、局部的に腐食が進行することがあります。 オーステナイト系ステンレス鋼の中でもNbを添加したSUS347は、高温強度はもとより、クリープ強度や耐SCC性に優れるため、火力発電所の熱交換器や排熱管など約850°Cまでの高温 環境で使用できるとされます。 しかし長時間の加熱により、主としてNbとFeが結合したFe2Nbの組成からなる Laves相が析出します。Laves相は硬くてもろいため、局所的に析出すると機械的性質やじん性に影響を及ぼし、一般にLaves相ぜい性として知られている挙動が現れます。

×

商品の累計加工情報

これまでに加工依頼された方は56人・累計消化料15.4t

※在庫量は日々変動しておりますので、
直接ご確認下さいませ。

商品の累計加工情報

これまでに加工依頼された方は56人・累計消化料15.4t

※在庫量は日々変動しておりますので、
直接ご確認下さいませ。